プロペシアジェネリック

プロペシアが高いと感じる方に

プロペシアは男性型脱毛症の治療に用いる医薬品です。

 

 

一般名をフィナステリドといい、アメリカのメルク社によって開発されました。

 

 

世界初の医師が処方できる内服用として、現在は日本を含む世界60ヵ国以上で販売されています。

 

 

錠剤で0.2mgと1mgの2種類(通常は1mg)が用意されており、1日1錠の服用でAGA改善の効果が得られます。

 

 

国内の臨床試験においては1rの投与を続けて1年後には58%、2年後には68%、3年後には78%の男性がAGAの改善が見られたとの結果が出ています。

 

 

また、現状維持効果は1年後は40%、2年後は31%、3年後は20%の方に認められたとのことですので、改善と維持の効果の合算で98%の男性に効果があるというデータが立証されました。

 

 

外用薬よりも内服薬の方がダイレクトに治療効果が得られるため、本気の改善を考えたいという方に勧められています。

 

 

ただ、プロペシアの処方に健康保険は適用されません。

 

 

よって全て自己負担となり、安くはない医療費負担がかかってしまうのがデメリットでしょう。

 

 

プロペシアの薬価自体は1錠300円程度なのですが、診察代を含めると初診の場合は4週間分(28錠)を処方してもらうのに約12000円程度がかかり、再診の場合は4週間分で約1万円かかるとされます。

 

 

これが1年続けば122,000円の出費ですので、決して安くはありません。

 

リーズナブルに購入できるジェネリック医薬品

そこで選ばれるのがプロペシアのジェネリック医薬品です。

 

 

プロペシアのジェネリック医薬品には、フィンペシア、エフペシア、フィナロなどがあります。

 

 

薬価はプロペシアの10分の1程度で、1錠30円前後と安く入手することが可能です。

 

 

有用成分はプロペシアと同じなので効果は変わりませんし、きちんとした製薬会社が製造しているため安全性に関しても問題はありません。

 

 

ただし副作用があるため、まずは医師に相談してプロペシアを服薬しても問題ないかを確認しておくことは大切でしょう。

 

 

ジェネリック医薬品は1錠あたりの単価も安いですが、個人輸入にて入手できるので診察代は必要なく、薬代のみで済ませることができるため、かなり経済的に購入することができます。

 

 

ただ、個人輸入を活用する際は、リスクも伴うことから信頼できる個人輸入代行サイトを利用するようにしましょう。

 

 

100%正規品を取り扱っており、配送まできちんと保証してくれるサイトが望ましいです。

 

 

口コミなどを参考に個人輸入を依頼するサイトを選んでみてください。

 

プロペシアの有効成分はそのままに、安価で安心なジェネリック医薬品

プロペシアは、世界で初の、医師に処方してもらえるAGA(男性型脱毛症)の治療薬として、世界60ヶ国以上で使用されています。

 

 

アメリカ食品医薬品局(FDA)にも認められているAGAに有効とされる薬のひとつです。

 

 

日本でも臨床試験が行なわれ、2005年から国内で発売されています。

 

 

過剰な皮脂を分泌させて毛穴を塞ぐことでAGAを引き起こす、ジヒドロテストステロンという男性ホルモンの一種の生成を阻害して、脱毛するのを防止する効果があります。

 

 

なお、円形脱毛症などのAGA以外の脱毛症には効果がありません。

 

 

高い効果が期待されるプロペシアですが、AGAの治療は保険適用外になるため、医療機関に行って処方してもらっても、全額自己負担です。

 

 

そして自由診療扱いですので、各医療機関ごとに料金設定が異なり、かなり高額になる場合があります。

 

 

しかし、プロペシアにはジェネリック商品が複数でていますので、それらを利用してみると良いでしょう。

 

 

ジェネリック商品とは、後発医薬品とも呼ばれ、特許が切れた医薬品の有効成分を他の製薬会社が利用し、製造する医薬品のことです。

 

 

新しく薬を開発するためには、研究や実験に莫大な費用がかかりますが、ジェネリックはすでにデータがある薬をコピーするように作れば良いわけですから、安価で製造・販売できるわけです。

 

 

安いからと言って、決して信用がないわけでも、粗悪品なわけでもありません。

 

個人輸入代行サービスであれば日本未発売ジェネリック薬もスムーズに購入できます。

プロペシアのジェネリック商品も、成分はプロペシアと同一ですが、非常に安価で手に入れることが可能です。

 

 

フィンペシア、エフペシア、フィナロなどがプロペシアのジェネリックになります。

 

 

有効成分はプロペシアと同じフィナステリドで、全く同じ効果が期待できます。

 

 

内服薬は、外用薬に比べると、身体の中から作用させることができるため、素早い効果が期待できますが、AGAの場合は、改善されてきたと感じられてもしばらく使い続ける必要があります。

 

 

せっかく効果が現れ始めても、経済的に続けられなければ元の木阿弥になってしまうでしょう。

 

 

効果的なジェネリック品をリーズナブルな値段で手に入れられれば、ランニングコストを気にかけることなく続けられます。

 

 

ただ、始めに触れたように、プロペシアの正規品は医療機関でも処方してもらえますが、ジェネリック品は日本では未認可ですので、個人輸入の代行を行なっている業者を通じて購入することになります。

 

 

健康にかかわる医薬品のことですので、まずは信頼のおける良心的なサイトを見つけることから始めましょう。