aga費用 ジェネリック

AGA治療の費用を抑えるならジェネリックが有効

男性型脱毛症であるAGA治療に効果がある薬は、プロペシアです。

 

 

多くの皮膚科の病院で処方されている薬でもありますが、ただ難点なのが、保険適用外であるということです。

 

 

抜け毛や薄毛といった悩みは、病院で治療できたとしても、怪我や病気といったものとは違うので、必要性が認められていないのが現実です。

 

 

しかし、AGAで悩む人は多くいるのも現実です。

 

 

保険適用外であっても、どうにかして発毛をさせたいと願うのが人というものです。

 

 

ただ、やはり全額自己負担で治療をしなければならないというのが、苦痛なところでしょう。

 

 

病院でかかるとしても、毎月1万円くらいの金額がAGA治療費として使うこととなれば、負担も大きいものとなります。

 

 

そこで毎月のコストを下げるためにも、ジェネリック医薬品を利用することで従来のプロペシアより安価に治療をすることができるのです。

 

 

現在では、ジェネリック医薬品も日本で利用できるようになりましたが、まだまだ日本では厚生労働省から認可されていません。

 

 

ゆえに、インターネットで輸入代行業者を利用して買うことになります。

 

 

輸入代行業者でも、薬剤師が成分検査を行っているところがあり、そこを活用すると良いでしょう。

 

 

そこからの購入となれば、従来の10分の1の価格で買えます。