フィナロ

結構色々ある「プロペシア」のジェネリック薬について

「プロペシア」といえばAGA(男性型脱毛症)治療薬の代名詞と言える存在ですが、販売価格が比較的高額であるために「一度自分に合うかどうかを試してみたい」といった方にとっては、なかなかおいそれと手を出しにくいといった声をよく耳にします。

 

 

しかしながら優れた効果を発揮してくれる薬には、効果は同等ながら価格がよりお手頃になった「ジェネリック薬」が作られるというのが世の常であり、プロペシアジェネリックには主に『フィナロ』『エフペシア』『フィナバルド』の3つが存在しています。

 

 

それぞれの薬に含まれている「フィナステリド」が、男性ホルモンの働きを抑える作用を発揮してくれるという点と、元々は前立腺肥大症の治療薬として開発されたという点では共通しておりますが、フィナバルドは販売価格が1箱100錠で千円以下という、他の2つと比べて半値以下というコストパフォーマンスの高さを誇っています。

 

 

特にプロペシアをはじめとする飲むタイプのED治療薬というのは、個人差こそあるものの通常効果が現れてくるまでに、3ヵ月から6ヵ月程度連日服用する必要があると言われていますから、僅かな出費でしっかりと試せるフィナバルドは、最近薄毛症状が気になってきた男性にとって、お手軽に試せる良い薬であると言えるでしょう。